■プロフィール

Aoyama Yuko

Author:Aoyama Yuko
こんにちは。青山祐子です。
お元気ですか?♪
AoyamaYukoをフォローしましょう

■Twitter

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ザ・ジン マシ~ン騒動
この前、せっかくラッキーフォーリーブスを手にしたものの、、、
四葉

その数日後、ここ数年の溜まりに溜まった身体の疲れが出たようで
手足に急性のひどい蕁麻疹が出た。
ああ、恐ろしや、痒いし、気持ち悪い。
もう夜も遅くなってたので、仲良しの薬剤師のお友達に電話で相談したら、
「u-ちゃん、すぐに病院に行って!」、、、えっ、今からですか??
「119番で近くにある夜間の救急を教えてもらって!」、、、えっ、ホントに??

はい、もう耐えられない症状だったので、教えてもらった通りにします。
119番に電話したら「火事ですか?救急ですか?」
              、、、、、えっと、、、蕁麻疹です(笑)←笑えない。
「自分で病院に行けますか?」、、、はい、行けます。
と、近くの救急病院を教えてもらい、道を間違えつつもチェリー号でなんとか到着。

入り口に救急車が止まっているあたり、なんだか慌ただしそうだけど、
中は静か。昔ながらの病院だ。入ると誰もいない。
声をかけてみると、診療室には可愛らしい看護士さんがひとりと
なんだかジェームス・コバーンの様な年配の医師。

「何食べました?」、、、夜はまだ食べてません。昼におにぎりを1個。
「疲れてる時はいつも平気でも動物性のもので出る事があるからね。
                まず疲れを取らないとダメだよ。」、、、はい。
「じゃ、そこに寝て。」
そして、覚悟してたものの、やっぱ奴はきた。〈注射だ!〉
私の3大苦手系
(主張の激しい貝)
(ピカピカ光ってる青い魚)
そして(身体に突き刺す針)

なんか、恐ろしくでっかいの用意してるょ。。。( ; _ ; )
それから看護士さんへ、私のちょっと興奮気味の問いかけの嵐。
(すごい太い針ですね)
(それ全部入れるの大変ですね)
(その管なんですか?)
(血管でるかなぁ)
(もう十年以上注射してないんです)
(わーわーわー)etc、、、etc、、、

「実際の針は細いですからね(笑)」
           、、、はい、静かにします。うるさいよね、ごめんなさい。

ingpcyhe0537.jpg

。。。悶絶の数分。
やり遂げた感満々。まだ、症状はばりばりあったけど、これで大丈夫さ。
と、奇妙な達成感あり。
翌日はすっかり症状は抑えられてました。ありがとう!
そして調子に乗って同じように動いてたら1日置いて、がっくりきました。
くたくたです。半分空気の抜けたパンチング人形みたいになっちゃいました。
どこにも行きたくないし、誰にも会いたくない。どうしたの?あたしったら。

そう、なんだかくったくたになって相当うつ状態になったので、
これは観念しなきゃです。
この苦しみ一手に感じ取ろう。今まで溜め込んだつけです。
じっくり出す事丸1日、最後の頭痛を乗りきり、
取りあえず復活の兆しが見え、一連の騒動は幕を閉じました。

仲良しの薬剤師さんが心配して強力な滋養強壮のお薬をすぐに送ってくれました。
そのお陰で回復も早かったです。ありがとう!

そしてこの騒動の忘れ形見、腕の“青たん”だけがまだ痛々しく残っておりまする。


スポンサーサイト
未分類 | 14:37:18 | Trackback(0) | Comments(7)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。